トップページ >  目の基礎知識 >  横断変性症の初期症状・原因・対策

横断変性症の初期症状・原因・対策まとめと横断変性症予防にいいサプリの選び方

黄斑変性とは

網膜はカメラのフィルム組織で、真ん中に黄斑と呼ばれる組織があります。その黄斑に、異常な老化現象が起こり、視力が低下する病気です。

網膜のほぼ中央にある黄斑は、視力を司る重要な細胞が集中しているところです。物の形や、大きさ、色など光の情報の大半を識別しています。そのため、この部分に異常が起こると視力が低下してしまいます。

また、黄斑の中心部には、中心窩というもっとも重要な部分があり、ここに異常が起きると視力の低下が深刻になるため、加齢黄斑変性を含む眼底の病気の治療では、中心窩の機能をどれだけ維持・回復できるかが、ポイントとなります。

黄斑変性のよくある症状

目の調子が微かに悪くなる

最初は、片方の目だけに症状が現れて、程度も軽いので、年のせいだから仕方がない、と見過ごしていることが多いようです。しかし、徐々に人によっては急速に視力が低下してしまいます。

通常、完全に失明することは稀ですが、見たいところが見えず、読みたい字が読めないという不便な状態になります。

視力に影響が出始める

視野の真ん中がよく見えない、歪んで見える、暗く見える、視力の低下など、軽い視力の低下があります。真ん中が最初にやられるので、先ず見たいものが歪んで黒く見えてきて、進行すると見えなくなってしまいます。

見え方に異変が生じる

碁盤の目のような物を見た時に歪む、真ん中が他よりも少し暗く見えるといった見え方の異変や、歩いている時に、向こうから来る人が誰なのか分からないなどの症状があります。

黄斑変性の原因

遺伝的体質と環境因子

黄斑変性になりやすい遺伝的体質のある人が、発病に関係する環境の中で、長く過ごしていると病気が誘発されると考えられています。

その環境因子としては、喫煙・太陽光・食生活の偏りなどがあります。

委縮型黄斑変性は原因不明

加齢と共に黄斑が委縮する委縮型黄斑変性は、はっきりとした原因が分かっていません。治療方法もありません。

新生血管による視力の低下

滲出型は、脈絡膜新生血管と呼ばれる異常な血管が、黄斑部の脈絡膜というところから発生します。

眼球の壁は、外側から内側に向かって、強膜、脈絡膜、網膜という構造になっています。網膜の中心に黄斑がありますが、脈絡膜から発生した新生血管は、網膜の方に向かって伸びていきます。

新生血管の壁はとても脆く弱いので、簡単に出血したり血液の中の水分が滲み出したりします。そのために、新生血管ができると、黄斑の視機能が急速にやられてしまうのです。進行が早いのが特徴です。

老化に伴う代謝能力の低下

網膜と脈絡膜の間には、網膜の色素上皮という細胞の層があります。網膜色素上皮は、新陳代謝によって起こる視細胞という網膜の一番下側の一部を食べて消化しています。

ところが、年を取ってくると、その能力が落ちてきて、全部消化できなくなってカスが網膜色素上皮の下に残るようになってきます。その残ったカスはドルーゼンと呼ばれています。

ドルーゼンが沢山溜まると、炎症が起きてケミカルメディエーターと呼ばれる化学物質が発生して、炎症の治癒を促すために血管内に増殖しVEGFというものを放出します。

黄斑変性の予防対策

タバコ・アルコール類は控える

喫煙とアルコールは、目の健康に良くありません。

タバコは、毛細血管の血行を悪化させたり、活性酸素を除去するビタミンCを破壊するなど、目に悪影響を及ぼします。老眼やドライアイにもなりやすいとされています。

そして、アルコールには糖質が多く含まれているので、余った糖が体内のたんぱく質を劣化させて、血管疾患を引き起こすと言われています。血管疾患によって血行が悪くなると、目の血行も悪くなってしまいます。

また、アルコールは脱水症状を起こしやすいので、血液をドロドロにして目の血行を悪くしてしまうので良くありません。

眼科で診察を受ける

眼科で検査を行って治療方針を立てます。

黄斑の状態を診て、血液や水分が漏れて溜まっていなか網膜がむくんでいないか、新生血管がないかなどを調べます。

次に、眼底の組織の断面の状態を調べる検査をして、新生血管の有無や大きさ、新生血管と中心窩との位置関係網膜のむくみなどを調べます。

紫外線対策をする

紫外線による活性酸素は、黄斑変性の症状を加速させてしまいますので、外出時にはつば広の帽子を被ったり、日傘やサングラスで目を保護します。

パソコンを使用する際には、ブルーライトを予防するフィルムを付けたり、ブルーライト予防の眼鏡をかけるようにしましょう。

食習慣を見直す

食生活と生活習慣を見直します。

肥満による動脈硬化は、目の血流にも影響しますので、低GI食品を中心とした食事と適度な運動を行うことが重要となります。

ビタミン・ミネラルだけでなく、目の粘膜や血管を作るたんぱく質など、バランスの良い食事を摂りましょう。

特に、体内にある補酵素は加齢と共に減少し、黄斑の働きを低下させてしまいます。生野菜や果物から酵素を補給するようにしましょう。普段の食事から栄養を補えきれない場合は、サプリから摂ることをお勧めします。

黄斑変性の予防にいいサプリのお勧めの選び方

黄斑に存在しているルテインは、加齢と共に減少してしまいます。目のサングラスの役割をしているルテインが減ってしまうと、紫外線を浴びた時に黄斑にダメージを与えてしまいます。

強い抗酸化力を持っているルテインは、定期的に摂取することで、黄斑のルテインを増やし・維持することができます。ルテインの1日の摂取量は、6mg~10mgとされていますので、最低でもルテインが6mg含有されているサプリを選びましょう。

眼精疲労に効果のあるあるクロセチンは、ルテインの吸収を高める効果がありますので、ルテインと一緒に摂取することをお勧めします。

アスタキサンチンは、抗酸化力が強いので目の健康を保つのに最適な栄養素です。網膜や脈絡膜の炎症を抑制する効果もあります。単体で摂取するよりも、ルテインなどと一緒に摂取した方が効果的に作用します。

また、黄斑変性は加齢による目の老化を防ぐことも大切です。ビタミンAや、ビタミンB群、ビタミンCなど目の粘膜や血管を維持する効果のある成分や、抗酸化力の強い成分が含まれているものも選ぶポイントとなります。

黄斑変性を予防する栄養分を詰め込んだサプリメントの成績表はこちら



おわりに

黄斑変性は、50歳以上の人がなりやすいと言われていますが、患者さんの大半は60歳以上で、老化に伴ってどんどん増えていきます。日本では、女性よりも男性に多く見られますが、その理由は分かっていません。

年を取ると、白内障の症状も出てきやすくなりますので、普段から抗酸化力の高い栄養素を摂るようにしましょう。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

めなりの効果と口コミは?

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目にいい成分の効果と副作用

目の基礎知識