トップページ >  目の基礎知識 >  白内障の初期症状・原因・対策

白内障の初期症状・原因・対策まとめと白内障予防にいいサプリの選び方

白内障とは

白内障というのは、目のなかでもとくにレンズである水晶体に濁りが発生するというものです。

基本的に、白内障は加齢によって発生する場合が多いです。40歳を過ぎたあたりから発症するという人が多くなります。

白内障は放置をするのが危険です。放置をすると失明のリスクがあります。しかしながら、薬では予防のみで、発症してから薬で治すというのはできません。白内障を発症をしてから治すには手術を受ける必要があります。

手術というと拒否反応をする人も多いでしょう。しかし、白内障の手術はとてもポピュラーなものになっています。

しかも大学病院など大きなところではなくても、町の眼科で日帰りで手術を受けることができるようになっています。そのため気軽に受けられる手術だといえるでしょう。

白内障のよくある初期症状

ちょっとした光がすごく眩しく感じる

白内障の初期症状としては、少しの光がとても眩しく感じるというものがあります。それこそ夜の車のヘッドライトでまったく周りが真っ白になって見えなくなってしまうというようなことが起こります。

視力が低下する

白内障の初期症状として、視力が下がるというものがあります。

視力が下がったことによって、メガネやコンタクトレンズを試してみても、視界がよくなることはありません。そこで白内障に気づくという人も多いです。

視界が黒くなるか、白くぼんやりとする

視界に影が降りたように黒くなるということがあります。また白いヴェールがかかったようにもやに包まれている感覚になることもあります。このように視界に影響があることが、初期症状としては多いです。

白内障の原因

水晶体のたんぱく質が変容したことが原因

水晶体の細胞のなかにはるクリスタリンタンパクという名前の非常に小さなたんぱく質が存在しています。このたんぱく質が変容して、通常ではありえないサイズにまで拡大してしまうことがあります。

こうなると、これが光が網膜に届くのを邪魔したり、逆に光を過度に反射するなどして、白内障を引き起こします。

水晶体のたんぱく質変容を引き起こす要因は加齢

水晶体のたんぱく質の変容が白内障を引き起こすということはすでに指摘しました。そしてこのたんぱく質の変容を引き起こす要因とされているのが、酸化ストレスです。

そしてこの酸化ストレスは加齢によって増加することで知られています。そのため加齢によって白内障を発症させるという人が多いわけです。

酸化ストレスが増加する要因には紫外線もある

日常の紫外線によっても、酸化ストレスというものは増加します。

ヒートショックタンパクともよばれるぐらい、たんぱく質というのは熱によって変容します。そのため紫外線の特有の熱によって反応して酸化ストレスを発生させ、たんぱく質が変容するということが起こりえるわけです。

なので紫外線も白内障の原因になりえます。

目に対する物理的刺激も原因となる

スポーツをしていて目にボールが当たったり、ボクサーが相手のパンチを目にくらったり、あるいはアトピーなのでまぶたなどを掻くことが多いなどといった場合、こういった物理的な刺激によっても酸化ストレスは増加します。

そしてこれが熱を生み出し、たんぱく質の変容を招きます。なのでこのような要因による白内障の場合には、加齢によるものでなくても若年性の白内障になる場合があります。

白内障の予防対策(改善方法)

アンチエイジングを実行する



白内障の主な原因は加齢による酸化ストレスの増加です。なのでアンチエイジングをしていくことによって、酸化ストレスを減少させ、白内障になるリスクを抑えることができます。

アンチエイジングというのは、つまり規則正しい生活を送るということです。基本的なことからはじめるのが大事です。

たとえば睡眠時間をしっかり確保する、栄養バランスのとれた食事を摂る、お風呂につかる、運動をする、といったようなことです。

あとなるべく避けたほうがいいのは、喫煙とお酒です。喫煙はいちじるしく酸化ストレスを増大させるので避けたほうがいいでしょう。なるべく喫煙者の近くにいかないということも大事です。

またお酒も飲みすぎは酸化ストレスを増加させる要因となってしまいます。適度に控えるようにするほうがいいでしょう。

薬を使って予防する

白内障は薬によって予防をすることができます。進行してしまった白内障を治癒する効果はありませんが、進行が初期の段階であれば、それ以上の進行を抑制するという効果もあります。

なので薬を使った方法は予防という意味合いにおいて効果があります。内服薬や点眼薬などが用意されています。

手術によって改善する

白内障がすでに進行しているというような場合には、薬はもはや効果はありません。そのため手術をするというのが一般的です。

術式としては、濁りがある水晶体を取り除いて、人工のレンズを挿入するというものになります。

いまでは町の眼科でも行っていることが多いですし、日帰りで終わる手術なのでかまえなくても大丈夫です。とくに局部麻酔を行いますし、手術による痛みを感じる心配もありません。

目に物理的刺激を与えないようにする

若い方でも、目に物理的な刺激をかけてしまうと白内障になるリスクがあります。なのでなるべく目に刺激を与えないように生活をすることが予防になります。

たとえばアトピーなどで目の周辺を掻く癖があるというような方の場合には、なるべく掻かないように我慢をしたり、かゆみ止めを飲むなどの対策が有効になるでしょう。

白内障の予防にいいサプリのおすすめの選び方

白内障の原因は水晶体で増加した酸化ストレスにあります。活性酸素の増加が根本原因なわけです。なのでこういった酸化ストレスを抑制するような、抗酸化作用をもつ栄養素を摂ることが大事です。

その抗酸化作用をもつ成分として知られているのが、ルテインです。なのでルテインを配合したサプリを摂取するようにすることが、白内障予防にはおおいに役立ちます。

ルテインを効率的に摂取して白内障を予防するサプリメントの成績表はこちら



おわりに

このように、白内障は放置さえしなければ怖い病気ではありません。

とくには加齢による酸化ストレスの増加によって引き起こされる病気です。なので日常生活からなるべく酸化ストレスをためないように気を配ることによって、白内障になるリスクを抑えることが可能です。

アンチエイジングやルテイン配合のサプリを飲むなど、そういったことで十分白内障対策をすることができます。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

めなりの効果と口コミは?

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目にいい成分の効果と副作用

目の基礎知識