トップページ >  目の基礎知識 >  眼精疲労・疲れ目の原因と対策

眼精疲労・疲れ目の原因と対策まとめと疲れ目対策サプリの選び方

眼精疲労と疲れ目の原因と対策
忙しい現代人には眼精疲労や疲れ目にお悩みの方は多いですよね。しかしながら、疲れ目には2種類あることをご存じでしょうか?

一時的な目の疲れは眼疲労と呼ばれ、睡眠や休息を取って目を休めることで自然と解消します。

一方で眼精疲労は目の疲れが発端でありながら、肩こりや頭痛、不眠や吐き気、食欲不振といった症状が現れ、目以外の身体の他の部分にも症状が出てしまい、これらの症状は慢性的に繰り返します。

このように眼精疲労は症状が重く、生活環境の改善などなんらかの対策を取らない限り、解消しません。


眼精疲労・疲れ目の原因

慢性的に繰り返す眼精疲労は、原因も毎日の生活習慣に起因していることが多いです。

眼精疲労・疲れ目の4つの原因をまとめました。自分にも当てはまるものがないかチェックしてみましょう。


長時間のパソコン作業やスマホ操作

パソコン、スマホ、テレビゲームなど、長時間集中して画面を見続けることは、目にとって大きな負担となります。

休むことなく眼を酷使することで、まぶしさを感じたり、眼痛や目の充血を起こしたりするだけでなく、ひどくなると吐き気や頭痛などの症状を引き起こすこともあります。     


眼が疲れやすい作業環境

眼精疲労・疲れ目のその他の原因としては、眼が疲れやすくなる環境が挙げられます。

作業中のモニターの高さ、室内の明るさ、乾燥、またパソコンなどの機器が発する騒音なども原因となることがあり、注意が必要です。


仕事などによる精神的なストレス

眼精疲労・疲れ目になる要因として、精神的なストレスの影響も無視することはできません。仕事などによるストレスは神経症、自律神経失調症と症状を引き起こすだけではなく、眼精疲労・疲れ目の原因となりうることを忘れてはいけません。


度の合わないメガネ、コンタクト・レンズの使用

長い間ずっと同じメガネを使用していませんか?近視、遠視、乱視、老眼など様々な理由で視力は日々変化します。もしも度の合っていないメガネやコンタクトを使用し続けた場合、これが原因で目の疲れを引き起こすことがあります。

はっきり見えすぎるためにかえって目が疲れてしまうこともあります。どのような用途で一日に何時間くらい使用するのかを眼科医に伝え、自分の生活にあったメガネやコンタクトを作るようにしましょう。

 視力1.5に矯正されたコンタクトレンズやメガネをかけている人が目の前のコンピュータを見るためには、遠くにピントが合っている状態から、調節力を強く働かせて目の前のコンピュータを見なければなりません。この状態が続くと目は疲れてしまいます。この症状は、若い人を含め年代に関係なく、特にコンピュータや手元の細かい作業を長時間される方に多く見られます。
引用元:Health Press


眼精疲労・疲れ目の対策(解決方法)

眼精疲労と疲れ目の対策
眼精疲労・疲れ目は日常的に起こるため、ただの疲れ目だとつい軽視してしまいがちですが、眼精疲労を進行させないようにすることが大切です。眼精疲労・疲れ目を予防し、進行させないためにはどのような対策が考えられるでしょうか?


定期的に眼科検診に行く

まずは定期的に眼科にかかるようにし、視力、眼圧、視野、眼球運動などの検査をしてもらいましょう。眼精疲労の背後に病気が隠れているケースもあり、もしも病気が見つかった場合は治療をします。

また使用しているメガネやコンタクトの度が合っているか、合わせてみてもらいましょう。


作業中の環境に気を配り、目の休息を心がける

眼精疲労と疲れ目の作業環境
パソコンなどを使った作業をする際はなるべく目の負担を減らすよう、モニターの高さ、室内の明るさ、椅子への腰かけ方などを調節しましょう。また乾燥、パソコンなどが発する騒音対策などもするようにしましょう。

長時間続けて作業することは目のためによくありません。時々は作業の手を休めて、目の休息を取るように心がけましょう。


目の運動やツボ押しなどをする

目のストレッチや目によいツボをマッサージすることも、眼精疲労・疲れ目の対策になります。こめかみや首筋には目の疲れや肩凝りのツボがありますので、その周辺を中心に気持ちがいいと感じるところを見つけて、少し強く押してみてください。

また、まぶたの上に温かいタオルをのせたり、温かいシャワーをあてて温めたりするのもいいでしょう。肩こりがある方はドライヤーの温風などで肩を温めるのもおすすめです。   


ストレスを溜めない

精神的なストレスも、眼精疲労・疲れ目の原因になります。

趣味や軽い運動などで、適度にストレスを発散するようにし、ストレスを溜めないようにしましょう。


疲れ目対策サプリの選び方

眼精疲労・疲れ目にお悩みの方にどのようなサプリを選べばいいのでしょうか?疲れ目に効果的な成分を紹介していきましょう。

まずはルテイン。この成分は緑色野菜に多く含まれるカロテノイドという天然色素の一種です。この成分には、紫外線と酸化ダメージから目を守る働きがあります。

またルテインには目に有害な光線であるブルーライトを吸収する性質もありますので、仕事でパソコンをよく使う方にはおすすめの成分です。

さらに、ルテインには目の水晶体が濁ってしまうために起こる病気である白内障や、網膜に障害がおき、物が見えにくくなる病気である黄斑変性の発生を抑える効果があることも分かっています。

次にご紹介するのは、アントシアニンです。アントシアニンはブルーベリーや紫イモなどに含まれる天然色素で、この成分は目の網膜にあり視覚情報を脳に伝達するタンパク質であるロドプシンの再合成を促し、目の働きを良くしてくれます。その他にも毛細血管を強くしたり、血流をよくしたりする効果もあります。

その他にも、エビやカニなどの甲殻類などに含まれる天然色素であるアスタキサンチンには抗酸化作用があり、紫外線などで発生する有害物質を取り除いてくれます

クチナシの果実やサフランに含まれる天然色素であるクロセチンは、毛様体筋に栄養を供給するとともに老廃物を押し流し、目の血流を改善する効果があります。

眼精疲労の予防にいい成分と、該当する成分をまとめると、以下のようになります。

眼精疲労にいい成分 該当する成分
紫外線、ブルーライトから目を守るルテイン
血流促進し、目の働きを良くするアントシアニン、クロセチン
抗酸化効果があり、有害物質を取り除くアスタキサンチン

眼精疲労はさまざまな原因が積み重なって起こるものなので、ひとつひとつの原因に合った成分を摂取する必要があります。そのため、眼精疲労・疲れ目対策のためにサプリメントを選ぶならば、眼精疲労に効果的な成分を広くカバーしたサプリメントがおすすめです。

眼精疲労にいい成分が一度に摂れるサプリメントの成績表はこちら



おわりに

いかがでしたでしょうか?

眼精疲労・疲れ目の原因を知ることは、正しい対策を取ることにつながります。自分に合った疲れ目対策サプリを選んで、眼精疲労・疲れ目にサヨナラしましょう。

眼精疲労にいいサプリも一目でわかる!人気サプリを「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

めなりの効果と口コミは?

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目にいい成分の効果と副作用

目の基礎知識