トップページ >  ブルーベリーサプリの効果 >  アントシアニンを含む食べ物

アントシアニンの効果・食べ物・まとめ

アントシアニンの抗酸化力の効果まとめ

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの抗酸化効果 人間が病気になったり年齢からくる数々のトラブルは体の細胞が酸化してしまうことが大きな原因で、健康や病気の予防や長生きを考えると、体が酸化しないようにケアしていく必要があります。

健康や病気以外にも、アンチエイジング美容において邪魔になってしまうのも体から発生してくる活性酸素です。

体が活性酸素によって酸化することはつまり体が酸素と結合をしてさびてしまうことですから、健康面でも美容面でもよくない悪影響が出てきます。

そこで大きく注目されているのが、アントシアニンの抗酸化効果です。

アントシアニンはポリフェノールの一種の成分ですが、身体がさびないように抗酸化作用がある有効成分です。

ここでは、アントシアニンについて詳しく解説していきます。

抗酸化成分「アントシアニン」を徹底解説!


アントシアニンとは何か?

「アントシアニン」という物質は、ポリフェノールの一種です。

健康食品のイメージが強いアントシアニンですが、実際は植物の世界の色彩を司る色素のことです。果物や花などの植物がウイルスや紫外線などから自分を守るために作り出した青紫色の天然色素がアントシアニンの正体です。

色彩で言うと、レッド、ブルー、パープルがアントシアニンに該当します。花で言ったら、すみれ、菖蒲、ラベンダー、ベロニカ、果実だとブルーベリーやナス、カシス、紫芋がアントシアニンの代表格です。

人間も紫外線によって日焼けを起こすと、そのダメージからメラニンを放出して自分を守ろうとします。
それと同じ働きがアントシアニンにはあります。

アントシアニンは花の色の品種改良にも使われている

アントシアニンの色素は、自然には作られることの無い花々の花色の改良や育成にも使われています。薔薇やカーネーションを使った品種改良がもっとも有名ですね。

アントシアニン色素の研究により、品種改良されたブルーローズ、ブルーカーネーション等が育成され、自然には決して作られることの無い色とりどりの花色が市場に出回るようになったのは、このアントシアニン色素の研究の成果だったのです。



アントシアニンの高い抗酸化力とはどんなものか?

アントシアニンには高い抗酸化力があるとされていますが、抗酸化とは具体的にどういう効果なのでしょうか?

人間は年を取ると細胞が酸化していきます。イメージとしては鉄が錆びていくようなものです。年齢によるさまざまな病気やシミ・シワなどの老化現象は、主にこの酸化=体の錆びが原因だといわれています。

抗酸化力とは、この酸化を防ぐ力のことです。錆びついた細胞を活性化させることや、細胞を酸化させない効果があるため、体を若返らせることが可能です。

抗酸化力があると何がいいの?アントシアニンの具体的な効果3つ


血管を若返らせる

アントシアニンには血管拡張、毛細血管保護、血液中の血小板凝固抑制作用があります。

年齢と共に機能が低下してきている血管を若返らせるため、血液の循環が良くなります。結果的には全身により多くの栄養を送ることが出来ます。

動脈硬化や高血圧、糖尿病予防、虚血性心疾患、メタボリックシンドロームの予防などに効果を発揮します。

アントシアニンの効果は世界でも認められており、医薬品としても使われています。


視力回復と眼病予防

現代ではPCをじっと見つけ続けて行う作業が増加しています。仕事を長時間行うことも増えていますので、ゆっくりと目を休める時間も少なくなりました。

そのため、眼精疲労ドライアイ、かすみ目、老眼などの症状によって視力が低下している人も少なくありません。

アントシアニンには、分子が小さいため、目の網膜・水晶体・毛細血管に働き、クリアな視界をサポートしてくれます。
さらに、アントシアニンには視神経細胞の色素であるロドプシンの再合成を促進する効果があります。そのため眼精疲労を軽減させ、視力回復をサポートしてくれます。

アントシアニンの持つ生理機能についての研究が進められるきっかけとなったエピソードがあります。それは、「第二次世界大戦中に、イギリス軍のパイロットがブルーベリーのジャムを食べたところ、暗い所での視力が改善し、はっきりと物が見えた」というものです。これは、ブルーベリーに含まれる青紫色のアントシアニンによる効果ではないかと考えられています。

また、アントシアニンには眼病予防の効果も高いです。

水晶体が濁ってしまう白内障には、このアントシアニンの高い抗酸化力によって改善されることがわかっています。

水晶体の濁りは目から入る紫外線によって酸化することで引き起こされるため、アントシアニンの抗酸化力によって予防や改善がされるのです。

緑内障にもアントシアニンは効果を発揮してくれます。

緑内障は視神経が傷つけられることで引き起こされる病気ですが、アントシアニンの抗酸化力によってこれも予防されます。

アントシアニンが眼病予防やドライアイのサプリメントとして売られているのはこうした理由からです。


美容にも良い

アントシアニンの高い抗酸化作用は美容にも良いことがわかっています。

紫外線によって肌の細胞は傷つけられるので、紫外線を浴び続けているとシミやシワが出来やすくなります。

これは紫外線によって肌の細胞が錆びついてしまうためです。

しかし、アントシアニンを摂取することでシミやシワなどの肌トラブルを予防することが出来ます。
肌の細胞を活性化させてくれるので、肌の保水力を高めたり、ハリを生み出してくれます。

さらに抗酸化成分は老化の原因となる活性酸素を除去してくれるため、老化を防ぐことでアンチエイジングすることができます。女性ならば特にアントシアニンは積極的に摂取していきたいですよね。


アントシアニンの抗酸化力のおさらい

アントシアニンの抗酸化力をまとめると以下のようになります。

  • アントシアニンは色素の事
  • アントシアニンは花の品種改良にも使われている
  • 抗酸化力=アンチエイジング力
  • アントシアニンは、活性酸素を除去する働きがある
  • アントシアニンは抗酸化力は眼病予防にもいい

健康にも美容にも作用し、とくに目の機能に効果が高いということですね。

眼病予防や視力低下対策のサプリメントにアントシアニンが多く配合されているのは、このような理由からです。


アントシアニンを含む食べ物まとめ

アントシアニンを豊富に含む代表食品ブルーベリー 目の負担を減らしたり、体の抗菌効果や抗酸化効果を高めて元気に長生きしたい時には、ぜひ摂取したい有効な成分がアントシアニンということが分かりました。

アントシアニンは、どんな食べ物に配合されているのでしょうか?
アントシアニンが豊富な食事をチェックしていきましょう。


アントシアニンが含まれる代表的な食材といえば

日々の眼の健康を気を遣う方が気になることといえば、いったいどの食品にアントシアニンが含有されているかですよね。

最初にぱっと思いつくのは、ブルーベリーですよね。ブルーベリー=眼にいい成分と一般的に認識されています。

最近では、ブルーベリーの他にカシス、ボイセンベリー、アサイーベリー等にもアントシアニンが大量に含有されており、眼に良いということが、世間に浸透しつつあります。


実際にどの食材でアントシアニンを手軽に摂れる?

アントシアニンを含有食品は、意外かと思われるかもしれませんが、結構たくさんあるんです。
では一つずつ紹介していきます。

  • ブルーベリー
  • ビルベリー
  • ラズベリー
  • ボイセンベリー
  • クワ
  • クランベリー
  • ハスカップ
  • ブラックベリー
  • プルーン
  • ムラサキイモ
  • ベニイモ
  • アナスタシアブラック
  • ツバキ
  • 小豆
  • 赤たまねぎ
  • 紅蓼
  • 赤シソ
  • アサイーベリー
  • ブドウ
  • リンゴ
  • イチゴ
  • ムラサキキャベツ
  • ナス
  • 黒米
  • 黒大豆
  • 黒ゴマ

主に以上の食材にアントシアニンが含有されています。
赤、青、紫はアントシアニンの色なので、意外と身近な食材で簡単にアントシアニンが摂取できるのが分かりますね、


アントシアニンを手軽に摂取するには?

サプリメント活用で手軽にアントシアニンを摂取するという手もありますが、アントシアニン含有の食材が身近にあるなら、おいしくアントシアニンを摂取したいですよね。

アントシアニン含有食材は、生のままでも十分においしい果実やベリー類が多いので意外に手軽に手に入れられるところが特徴。

ですが、アントシアニンを食品から摂取し、眼病予防や抗酸化予の期待するとなると、一日、60g~300gのアントシアニン含有の食材を食べなければ、十分な効果を得られません。

ですので、これらの食材をスムージーにしたり、ジャムにしてパンに塗ったり、紅茶などに入れることで積極的に日々の食生活に取り入れるのがお勧めです。

同じ味を毎日食べるのは飽きてしまうという人には、一度にたくさんのアントシアニンを摂取できるサプリメントもおすすめです。

味に飽きることはないですし、調理の手間も必要ないので、とてもお手軽で効果的に継続できますよ。


アントシアニンサプリメントの選び方

サプリメントからアントシアニンを摂取するなら、次の2つのポイントに注目してみてください。

1日分の『アントシアニン含有量』が多い
アントシアニン含有量の表記は、メーカーによって基準や単位が違います。
効果が高いサプリを選ぶなら、1日あたりの含有量に統一して比較しましょう。

目の健康にいい『サポート成分』をバランスよく配合している
アントシアニン以外にも目の健康によい成分が入っていると、相乗効果が期待できます。
補助成分の充実は、食品ではなくあえてサプリから摂るメリットのひとつでもありますね。

ブルーベリーやベリー類の味が苦手な方は、一瞬で飲み込めるサプリメントでの摂取をオススメします。こちらのページでは2つのポイントを満たしたブルーベリーサプリを一覧表で確認することができます。

アントシアニンを含む食べ物おさらい

それでは、アントシアニンを効率よく摂取できる食べ物についてまとめてみましょう。

アントシアニン含有食材は、赤、青、紫の食材を選べば確実にアントシアニンが摂れる。
特にベリー類にはアントシアニンが豊富。
食材からアントシアニン効果を期待するなら、一日60g~300gを目安に食べよう。
食材からとるのが難しい場合は、サプリメントの活用も手軽で効果的。


日々健康に過ごすためにも、アントシアニンよる抗酸化作用を食べ物で手軽に摂取して健康に過ごしたいものですね。


アントシアニンの効果まとめ

アントシアニンが豊富なブルーベリー ブルーベリーのカラフルな紫色の中に含まれているアントシアニンは、様々な効果・効能があるので健康や美容関連に役立つのです。

具体的には、アントシアニンにはどんな効果があることが分かっているのでしょうか?調べてみました。

アントシアニン6つの効果



視力改善効果

アントシアニンはブルーベリーに含まれる色素成分として有名ですが、ブルーベリー以外にもアントシアニンを含んでいる植物が多数知られているのです。

しかしながら含有量を考慮しますと、ブルーベリーサプリメントが人気の代表格となるのであります。

アントシアニンが有している効果としましては視力改善効果が挙げられるのですが、これは網膜に存在する情報伝達物質「ロドプシン」の再合成を助ける性質を有しているからとされています。

この働きにより網膜の機能が向上することになり、衰えてしまった視力の改善効果を期待することができるのです。

ちなみに情報伝達物質であるロドプシンは外界からの情報で常に分解していきますので、再合成が順調に進行しないと視力が落ちて行ってしまうことになるのです。


眼精疲労の改善効果

視力改善効果と類似しているのですが、水晶体を支えている毛様体筋が疲れてきますと眼精疲労を感じてしまうことになります。

このような状態を一時的に回復させるためには毛様体筋に蓄積された疲労物質の分解を施す必要性があり、目薬を使用することで改善効果を期待することができます。

しかしながら慢性的な眼精疲労には根本的な治療方法が必要であり、そのための方法としてアントシアニンの積極的な摂取が推奨されているのです。

このアントシアニンを積極的に摂取することにより網膜の感度が上昇することが判明していますので、水晶体を支えている毛様体筋に疲労物質が蓄積しにくくなることが分かっているのです。


白内障の予防効果

アントシアニンの抗酸化力が水晶体を紫外線ダメージから守ることによって、白内障の予防に繋がります。マウスにアントシアニンが含まれたエサを与えたところ、白内障の進行がゆるやかになったという実験結果も発表されており、アントシアニンの白内障に対する働きや効果が明らかになっています。

引用元:アントシアニン|成分情報|わかさ生活

白内障は老化現象の一種であり、誰しもが個人差はあるものの生じてしまうものとされています。

しかしながら少しでも発症を遅らせたいと考える場合には、そのメカニズムを良く理解する必要があるとされています。

ちなみにそのメカニズムとは水晶体が濁ってしまうことであり、タンパク質によって構成されている水晶体が老化や紫外線などの要因により酸化してしまうことが原因とされています。

そしてアントシアニンは強い抗酸化作用を有していますので、このアントシアニンを積極的に摂取することで水晶体が濁ってしまうことを防ぐことができるとされているのです。


緑内障の予防効果

緑内障は放置してしまいますと失明の危険性を伴う恐ろしい症状であり、発症が疑われる場合にはなるべく早急に専門のクリニックを受診することが推奨されております。

そして緑内障を予防するためにはその発症メカニズムを理解する必要があるのですが、そのキーワードとしまして眼圧の上昇が挙げられているのです。

しかしながら近年分かってきたのは眼圧が正常値であっても生じてしまう緑内障であり、酸化ストレスが要因で視神経が傷むことにより発症するとされているのです。

そこでアントシアニンを積極的に摂取することで体内の酸化を防ぎ、視神経を正常な状態に保つことができるとされているのです。


アレルギー体質の改善効果

アレルギー症状はその原因物質が体内に侵入してくることで引き起こされるのですが、その原因物質に対抗するためのヒスタミンを抑制させることが出来れば症状の軽減を期待することができるとされています。

医薬品としましては抗ヒスタミン薬を服用することになるのですが、サプリメントとして期待されているのがアントシアニンになるのです。

このアントシアニンは体内で生じてしまうヒスタミンを減少させる働きを有していることが判明しており、不快なアレルギー症状に悩んでいる場合には継続的に摂取することで症状の緩和を期待することができるのです。


生活習慣病の予防効果

中高年齢層に増加している生活習慣病を放置してしまいますと、重大な疾病の要因となってしまうことが分かっております。

そのために、該当する人は早急に運動習慣と食習慣からなる生活習慣の改善が求められることになるのですが、効果的な成分としてアントシアニンに注目が集まっているのです。

このアントシアニンには脂肪の蓄積を防いだり血糖値の上昇を抑制する効果を有していることが判明していますので、生活習慣病が気になる人は積極的な摂取が推奨されているのです。


アントシアニンをしっかり摂取するためには?

アンチエイジングや目の疲労の軽減にいいアントシアニンは、ブルーベリーやマキベリーをはじめとした果物や野菜に多く含まれています。

しかし、果物から眼病予防に十分な量を摂取することは難しいとされています。そこで人気なのが、さまざまなメーカーから販売されているサプリメントですね。

アントシアニンやブルーベリーのサプリは多数販売されていますが、より効果の高いアントシアニンサプリを選ぶには、以下の項目をチェックしてみてください。

1日分の『アントシアニン含有量』が多い
アントシアニン含有量の表記は、メーカーによって「1粒」あたりだったり、「1日」あたりだったりとバラバラ。 1日あたりの含有量に統一して比較してみましょう。

目の健康にいい『サポート成分』をバランスよく配合している
アントシアニン以外にも目の健康によい成分が入っていると、相乗効果が期待できます。献立を毎日考えなくてもアントシアニンを効率よく摂取できるのはサプリメントならではのメリットです。


人気のアントシアニンサプリ上位を比較!

以上の条件から、人気のアントシアニンサプリの成分を比較してみました。
アントシアニン補給にサプリを選ぶなら、参考にしてみてください。



アントシアニン含有量
(3点)
神経伝達成分
(1点)
目の疲労回復成分
(1点)
紫外線防止成分
(1点)
目の血流改善成分
(1点)
目の老化防止成分
(1点)
価格
(採点外)
成分の総評

アスタブライト

83mg
4908円


めなり

62mg
3980円

北の国から届いたブルーベリー

72mg
2100円

わかさ生活 ブルーベリーアイ

36mg
1680円

えがおのブルーベリー

45mg
1680円
スマホでは、表が右(→)にスライドできます。

ここでは人気で評価の高い商品を中心にご紹介しましたが、もっと多くのサプリを比較してみたいという方は、ぜひ以下の評価表もチェックしてみてください。

一目でわかる!全30種類のブルーベリーサプリ成績表はこちら



アントシアニンの効果まとめ

いかがでしたか?

アントシアニンは、眼精疲労の改善や白内障の予防効果を中心に、眼にいい効果がたくさんあることがおわかりいただけたかと思います。

いつまでもクリアな視界を保つために、ぜひ積極的に取り入れたい成分ですね。


ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

めなりの効果と口コミは?

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目にいい成分の効果と副作用

目の基礎知識