トップページ >  目にいい成分の効果と副作用 >  アントシアニンの目の効果と副作用

アントシアニンの目の効果と副作用(注意点)まとめと目にいいアントシアニンサプリの選び方

アントシアニンは抗酸化成分ですが、目に良い成分としてしられています。
目の健康を維持したり眼精疲労を予防したりといった効果が期待されるアントシアニンの、効果や副作用について解説します。

アントシアニンをサプリメントで選ぶときのポイントも紹介しますので、参考にしてください。


アントシアニンの効果

アントシアニンの目の効果
目は加齢や使いすぎ、周りの明るさへの対応など、日々さまざまな問題に直面しています。アントシアニンはそれらの問題から目を守り、サポートする効果を持っています。

具体的にどのようなはたらきがあるのか、ここではアントシアニンの目への効果を4つご紹介します。

視力を改善し、目の機能を維持する

アントシアニンは、ブルーベリーやラズベリーなどベリー類に多く含まれる成分です。ベリーの鮮やかな紫がかった色は、ポリフェノール、アントシアニンは、ポリフェノールの一種です。

ブルーベリーがかねてより、目にいいと言われているのは、このアントシアニンの力で、目の機能の維持と安定、さらには改善の作用があるからです。

過剰摂取しても体内に蓄積されないため、毎日の食習慣にアントシアニンの摂取を心がけることで、視力の改善に有効と言われています。


抗酸化成分で眼精疲労を回復する

アントシアニンは、非常に抗酸化作用が優れた成分です。加齢や疲労によって蓄積する活性酸素の増加を防ぐため、抗酸化成分はアンチエイジングとも呼ばれています。

アントシアニンは、優れた抗酸化作用で目の疲れを回復させてくれるのです。さらに嬉しいことに、アントシアニンの抗酸化作用は、シワやたるみなどの肌老化の防止にも活躍が期待できます。

目の周囲の血液循環を向上させる

アントシアニンには、抗酸化作用のみならず血液循環を良くする成分としても知られています。

目の周囲には、視力を働かせるための非常に繊細な毛細血管が張り巡らされています。アントシアニンは、目の周囲の毛細血管や網膜、脈絡膜といった目にとって非常に重要な血液の循環を向上させるのです。

血液循環が良好になれば、疲れ目の回復や、加齢によって生じやすいさまざまな眼病の予防になります。特に、アントシアニンは、黄斑部変性症の予防に有効と言われています。


暗順応機能を改善する

アントシアニンと暗順応機能
目の機能のひとつに、暗順応・明順応があります。名前のとおり明るさや暗さといった光に目が順応していく反応です。暗順応は暗闇に目が慣れる反応、明順応は明るさに目が慣れる反応ということです。

アントシアニンを摂取することで、暗順応の機能を改善できます。暗順応改善は、目の周囲の血行改善によるためと考えられています。結構は改善すると、目の機能をになう視細胞の活動が活性化するのです。


アントシアニンの副作用

目にいい成分を幅広くカバーしたアントシアニンですが、摂取をしすぎると問題が起こることもあります。
アントシアニンの2つの副作用をまとめたので、確認してみてくださいね。


過剰摂取は便秘に注意

アントシアニンはポリフェノールの一種。ポリフェノールは、一般的に過剰摂取しても副作用の心配がない成分と言われていますが、いずれの成分も適度に摂取し、バランスの良い食事習慣やサプリメントを心がけましょう。

アントシアニンを大量に摂取した場合、副作用として最も注意したいのは、便秘です。アントシアニンによる副作用と特定されている症状は、今のところ確認されていませんが、中には便秘になるという意見もあるようです。


吐き気が起こることも...

副作用がない、あるいは非常に低いと言われるアントシアニンですが、吐き気が生じる可能性も考えておきましょう。いずれの成分においても、バランスを欠いた過剰摂取をしても、期待できる効果は変わらないばかりか、偏った栄養摂取は、体内バランスに影響を与える事が考えられます。

毎日、適量を習慣的に摂取するよう心がけて、安定した効果を得られるようにすると良いでしょう。安定量の摂取を習慣づけるには、サプリメントの利用が有効ですが、サプリメントによる摂取の場合は、添加物による副作用に注意したいですね。


アントシアニンサプリのおすすめの選び方

アントシアニンの1日当たりの理想的な摂取量は、40mg以上と言われています。

理想量をブルーベリーで摂取する場合、乾燥したブルーベリーでは約12~25g、ブルーベリージャムで約40g~90gが目安です。

実際にこの量の継続的に摂取するのは、難しいという方にはサプリメントでの摂取がおすすめです。

サプリメントによる摂取の良いところは、毎日安定した量の摂取ができることのほか、合わせて目に良い成分を配合されているものも多く、より大きな効果を期待できることです。多くのメーカーから目に良いサプリメントが多く販売されています。

アントシアニンサプリを選ぶときには、最も効果的と言われるマキベリーが配合されているものを選びましょう。

眼精疲労の回復を期待するのであれば、マキベリーのほかにも目に良い成分、ルテイン・DHA・メグスリノキ・ゼアキサンチンといった栄養素が含まれているかどうかもポイントに選ぶと良いでしょう。

アントシアニン量が多いサプリメントの成績表はこちら


アントシアニンの目の効果と副作用まとめ

アントシアニンの目のサポート機能
アントシアニンの効果は、以下のようなものがあることが分かりました。

  •  1目の機能の維持(視力改善)
  •  2目の老化防止(抗酸化、アンチエイジング)
  •  3目の周囲の毛細血管の血流改善(眼精疲労・疲れ目を和らげる)
  •  4暗順応機能の改善

アントシアニンは、副作用も少なく、目の幅広いサポートが期待できる優秀な目の健康成分です。

これといった特定の眼病予防や回復に作用するだけでなく、視力や眼精疲労の回復や眼病予防といった目の健康維持・回復が期待できる成分ですので、疲れ目や加齢による視力の低下などが気になる方は、アントシアニンの摂取をおすすめします。

優れた抗酸化作用で、アンチエイジングも期待できます。

アントシアニン量が多いサプリも一目でわかる!人気サプリを「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ