トップページ >  目にいい成分の効果と副作用 >  クロセチンの目の効果と副作用

クロセチンの目の効果・副作用(注意点)・摂取量と目にいいルクロセチンサプリの選び方

クロセチンは目にいいの?
くちなしにはクロセチンという栄養素が含まれています。
クロセチンは目に対していい効果を期待することができるものです。
クロセチンは、天然に存在するカロテノイドカルボン酸であり、クロッカスの花に含まれている。融点285℃の赤レンガ色の結晶を作る。 クロセチンの化学構造は、サフランの色の基となっているクロシン分子の中央の核になっている
引用元:wikipedia


また、近年の研究によって、クロセチンの経口投与によって「健康な人の肉体的疲労を減少させる効果が示唆されている」 ともあります。

サプリでは、疲れ目知らずで、快適な毎日のサポートに注目されている即効性カロテノイドです。 仕事では長時間パソコンを使い、通勤中は携帯を使い、自宅ではテレビを見たりと常にスマホ画面みる人に期待できるとの成分とされています。

クロセチンの目にいい4つの効果

目にいいとは言っても、具体的にどのような効果があるのでしょうか?
クロセチンの4つの目の効果をまとめました。


毛様体筋に栄養を届ける

目には水晶体というレンズの働きをする器官があります。この水晶体というのは毛様体筋というものによってピントを合わせるために使用されています。毛様体筋によって水晶体の厚みを変えていくことになります。これによって、ピントを合わせてものを見やすくするわけです。

しかし、読書やテレビ、スマホやパソコンなど目に負担がかかることをしていて、かつ一点を近くでずっと見ているような状態だと、毛様体筋が凝り固まって緊張し、疲労してしまいます。

クロセチンという成分はとても微小なので、目の細い毛細血管も移動してしっかり栄養を毛様体筋まで届けてくれます。それによって凝り固まって緊張した毛様体筋をやさしくほぐし、疲労を癒してくれます。

このようにして、水晶体のピント調節機能も回復していくという寸法です。目がぼやけていたり、視力が低下したなと感じている人は、眼精疲労の可能性があります。こういった症状にクロセチンは効果を発揮します。


目の血流を改善する

血流の不良は目にも大きな影響を及ぼします。とくに酸素をはじめとする栄養素が目に届かなくなると、いろいろな眼病の危険が増します。なので血行というのは目にとっても非常に重要なことです。クロセチンはこのような血行を促進する働きがあります。

とくに加齢とともに細胞を破壊する活性酸素というものが増加していきます。こういった酸化ストレスが原因で老眼が早くにはじまってしまったり、白内障や緑内障といった眼病が発生したりもするわけです。スマホ老眼のような若年層の老眼症状もこのような活性酸素の増加が原因です。

こういった活性酸素を抑制する働きも、クロセチンはもっています。なのでなるべく活性酸素を抑制して目の健康を保ちたい人には効果があります。


光のダメージから目を保護する

クロセチンの効果
紫外線であったり、スマホやパソコンのブルーライトをはじめとする光は、目に大きなダメージを与えてしまいます。
こういったダメージから目を保護する働きを持っているのがクロセチンです。


目の乾燥に効果がある

とくに光のダメージなどによって酸化ストレスが増大すると、目が乾燥しやすくなります。涙の分泌がうまくなされなくなるからです。ドライアイのような症状が出てしまうことも多いです。

クロセチンには抗酸化作用がありますから、こういった涙の分泌を促す作用も期待できます。


クロセチンの目への2つの副作用(注意点)

クロセチンの副作用
目に様々な効果があるクロセチンですが、まれに副作用が起こることがあります。
クロセチンを摂る際に気をつけたい2つの注意点を挙げたので、当てはまるものがないか確認してください。

妊娠中の女性に過剰反応してしまう可能性

クロセチンはくちなしという食べ物に含まれる成分で、人体には無害です。

なので副作用の心配はないのですが、妊娠中の女性は過敏になっていますから、過剰にクロセチンに反応してしまうということがあります。


アレルギー体質の方が注意が必要

アレルギー体質の方のような場合であっても、妊娠中の方と同様に注意が必要です。
ふつうは大丈夫でも、アレルギーを起こしてしまう可能性があるからです。


クロセチンは近視を抑制する

眼精疲労を感じている人にクロセチンを1日あたり基準量の摂取を継続すると 目のピント調節を行う毛様体筋の緊張が緩和して、目の症状が改善されたとの研究結果があります。

目のかすみ・ぼやけ・チカチカするなどの症状に回復以外にも クロセチンは目の神経を保護する作用を持つことが報告されています。

クロセチンは近視を抑制するというのは、筋肉の緊張が緩和して効果と目の神経を保護するという予防作用から いわれている期待効能です。



クロセチンの安全性や摂取量?

クロセチンの摂取は、安全であると研究では考えられています。

クロセチンの継続摂取は,本試験の条件下において安全性に問題はないと考えられる。
引用元:Jstage


眼精疲労が気になる人には、一日の摂取目安量は6㎎がよいとされています。 クチナシの実なら2gでたったの足りてしまう量です。 クチナシの実とそれだけ使うことはあまりないでしょうが、 過剰に食べることはさけたほうがいいでしょう。

クロセチンを含む食べ物

クロセチンが含まれているのは、クチナシの実やサフランです。

日本ではどちらもなじみが薄い食材ですので あらためてクロセチンを食材から取るというのは結構難しいかもしれません。 クチナシの実やサフランは、「黄色にする色付け」に使う目的で使われるので、丸ごと食べるような食材ではありません。

黄色にする色付け料理では、「栗きんとん」やスペイン料理の「サフランライス」「パエリヤ」ですね。 クチナシを2g 食べるとすると、おおよそ5人前~10人前を食べないといけない クロセチンを目的に食材を摂取するというのはとても難しい方法といえます。

有名なクロセチンサプリはどんなのがある?

市販で有名なクロセチンサプリは、以下のようなサプリがあります。

・dhc クロセチン+カシス
・きれいめ クロセチン
・クロセチン わかさ生活
・資生堂 クロセチン含有のコラーゲンリラクル(ドリンク)
・ヘルシーワン クロセチン
・ライオン クロセチン
・ファンケル クロセチン
・クロセチン スーパーアイ
・ロートのクロセチン


どれも有名ですが、効果という点から言うと、 微妙なのが多いというが事実です。 クロセチンサプリの目的は、視力や疲れ目の回復にある人が多いですが クロセチン単体では効果が薄いので、定員やアルカノイド、その他のポリフェノール が、バランスよく含まれ、しかもコスパがいいものがおすすめです。

クロセチンサプリのおすすめの選び方

クロセチンのサプリは、他のルテインなどのサプリと比べると少ないです。
クロセチンは吸収率が非常によく、1時間ほどで目に栄養が届けられるという画期的な栄養素です。なのでかすみ目や視力の低下などで悩んでいるという人にはとくにおすすめしたいサプリメントです。

とくにクロセチンはルテインとともに摂ることによって、より高い抗酸化の効果を得ることができます。

ルテインとクロセチンというのはどちらも抗酸化作用をもっているのですが、同じアプローチではなく、それぞれ違った方向から活性酸素の抑制を行っていくので、どちらか一方ではなくて両方を同時に摂るようにするほうが高い効果を期待できるというわけです。

紫外線から目を守ってくれる、抗酸化効果が高いサプリメントの成績表はこちら



クロセチンの効果と副作用まとめ

このように、クロセチンは非常に目に対していい効果を得られる栄養素です。
副作用のほうも基本的にはないものですから、安心して摂れるというのも大きなメリットでしょう。とくに最近、目の疲れを感じるという人はクロセチンを意識して摂ってみるようにしましょう。

クロセチンは単体ではなくルテインと一緒に摂ることによって効果をより期待できます。なのでクロセチンにあわせてルテインも意識するとよいでしょう。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ