トップページ >  目の基礎知識 >  飛蚊症の初期症状・原因・対策

飛蚊症の初期症状・原因・対策まとめと飛蚊症予防にいいサプリの選び方

飛蚊症とは

飛蚊症とは、目の前に浮遊物が見えるというものです。目線を変えても目の浮遊物がいっしょに動くために視界にちらつき気になるという人がとても多いです。

とくにこれはストレスであったり、生理的なものが原因であったりします。また眼病によっても引き起こされるので注意が必要です。

飛蚊症のよくある初期症状

ごみが常に入っているような感覚になる



目の中にごみが入っていて、それが視界に入っている感じることがあります。しかしどれだけ洗ってもまばたきしても取れることがありません。

実際にはごみなどは入っていなくても、視界にごみのようなものが見える、これが飛蚊症のよくある初期症状として知られています。

黒や白いしみが見える

点ではなくて、もっと広いしみのように視界が常に曇っているというのも、飛蚊症のよくある初期症状です。

ひとつではなく、無数の点が見える

ひとつごみのようなものが見えるのではなくて、たくさんのごみのような点がゆらゆら見えるというのもよくあります。

飛蚊症の原因

紫外線を浴びて活性酸素が増加している



紫外線が目に取り込まれると、活性酸素が発生します。この活性酸素が眼球のなかの硝子体を変質させるという特性をもっています。硝子体が変化して、繊維組織が破壊されま

す。そしてこの繊維の微細なくずが、飛蚊症として見えるごみ正体になるわけです。 つまりは紫外線による活性酸素の発生によって、硝子体の繊維組織が壊れるのが飛蚊症の最たる原因だということができます。

後部硝子体剥離というものによって硝子体混濁が見えている

後部硝子体剥離というのは、加齢によって起こるものです。なのでこれによる飛蚊症は生理的飛蚊症というふうにもよばれています。

硝子体というのは、本来その奥の網膜にくっついているものです。しかしこれが年齢を重ねると後部硝子体剥離といって硝子体が網膜からはがれるという現象が起きます。

このとき網膜の細胞の断片が硝子体にくっついていて、これが網膜に映って見えるということがあります。これが後部硝子体剥離による生理的飛蚊症だというわけです。

後部硝子体剥離にともなって網膜裂孔が発生した場合

後部硝子体剥離の際に、硝子体がそのまま綺麗にはがれずに網膜を引っ張ってしまって、そのまま網膜が裂けてしまう網膜裂孔が発生する場合があります。このような場合、網膜はく離を最終的に引き起こす可能性が高いです。

しかしその前段階として、網膜が裂けたことによって、網膜の細胞の粉が飛び散って、それが見えるということがあります。また裂けたことによって血液が流出して、これが見えるということもあります。

このような網膜裂孔による飛蚊症も存在します。

若年性の飛蚊症

通常、後部硝子体剥離のように加齢によって飛蚊症は発生することが多いです。

また紫外線やパソコンの光による活性酸素の増加が原因であるような場合でも、若いときはその活性酸素を分解する酵素の分泌が多いので、これによって飛蚊症が起こるということはまれです。

しかしそれでもなお10代などの若いうちに飛蚊症が発生してしまうという事例があります。これは硝子体が自然発生的に混濁してそこから出た澱のようなものが見えているということです。

飛蚊症の予防対策(改善方法)

後部硝子体剥離による生理的飛蚊症の場合には、そのままにするのが一番いい

この生理的飛蚊症の場合、手術によって見えなくすることはできます。ただし、これには網膜はく離のリスクが高くつきまといます。

なので一般的にはこれについては手術をすることはあまりなされていません。もちろん希望すればできますが、基本的にはそのままにしておくとよいです。

飛蚊症の場合、先の網膜の細胞の断片ということであれば、視界の端のほうに移動してまったく気にならなくなるというケースが実は非常に多いです。

なので手術をするのではなくて、そのまま放置していずれ端に移動してくれるのを待つというのが一番おすすめできます。

紫外線やパソコンの光を避ける



とくに若いうちは活性酸素を分解する酵素の分泌が盛んなので問題ないことが多いのですが、年を重ねてからはなるべく紫外線やパソコンの光を避けるというということが対策として大事になってきます。

こういった紫外線やパソコンの光によって発生する活性酸素を分解する酵素の分泌が、加齢とともに減少しているためです。

なので飛蚊症でお悩みの方は外出時はサングラスをしたり帽子をかぶったり、パソコンはなるべく長時間見ないようにしたり、パソコンの光をカットできるレンズのメガネを使うなど、そういった対策が有効になります。

後部硝子体剥離にともなって網膜裂孔が発生している際には手術がおすすめ

後部硝子体剥離にともなって網膜裂孔が発生しているような場合には、その後に網膜はく離を起こしてしまう可能性も高いです。そのためここでレーザー手術を受けることがおすすめです。

レーザー手術であれば、網膜の裂け目をレーザーによって溶接することができます。これによって網膜裂孔による飛蚊症も改善されますし、その後の網膜はく離の危険性も除去できます。

若年性の飛蚊症の場合はとにかく気にしない

若年性の飛蚊症の場合、たしかに硝子体を除去するなどの手術の方法はあります。

しかしそれでも見えるごみのようなものが少なくなる程度で、完全にクリアになるということは少ないです。また網膜はく離だとといった甚大なリスクも手術には存在しています。

そのため若年性の飛蚊症の場合には、とにかく気にしないようにすることが大事です。

成長とともに硝子体も変わっていって、飛蚊症の症状が治まることもあります。また見えていたごみが視界の端に移動して、まったく見えなくなるということもあります。

こういったことを期待してとにかく気にしないようにするというスタンスも大事です。

飛蚊症の予防にいいサプリののおすすめの選び方

飛蚊症を予防するには、飛蚊症の原因となる活性酸素を抑制する働きのある栄養素を含んだサプリを摂るのがおすすめです。

活性酸素を抑制する働きのある栄養素というのは具体的にはルテインというものです。このルテインを配合したサプリを摂るのが、飛蚊症の予防には最適です。

飛蚊症の予防に効果のあるルテインをたっぷり含んだサプリメントの成績表はこちら



おわりに

このように、主には飛蚊症というのは加齢によって起こることがわかるでしょう。

活性酸素の影響を受けやすくなるのも、飛蚊症の原因となる後部硝子体剥離が発生するのも、加齢によるところが大きいためです。

そして対策としては手術を受けるか、あとは気にしないかです。予防としてはルテインのサプリを摂ることが必要です。

これらをふまえて生活していれば、かならず飛蚊症は克服することができます。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ