トップページ >  目の基礎知識 >  老眼の原因と対策

老眼の原因と対策まとめと老眼サプリの選び方【老眼改善回復】

老眼の原因と対策
老眼は字の見えづらさを感じたときに自覚することが多いです。老眼とは読んで字のごとく、年齢とともに症状が出てくるものです。

老眼によくある症状としては、本や新聞の文字が近いと見えないということです。少し離れるとピントがあうなどということが多いです。

とくに明暗の影響も受けやすくなります。明るいと問題なくても薄暗がりだとまったくぼやけて見えなくなるということも多いです。

目が疲れやすくなります。またひどいときはそういった疲労から肩こりや頭痛が起こることもあります。老眼のときには無理せずあまり目に負担をかけないようにするということが大切になります。


老眼の4つの原因

老眼は文字通り年をとってから起こる症状と思われがちですが、特に近年はまだ若いのに近くの字が見えにくくなっている方も増えています。


若い方の老眼は、生活習慣のせいで年をとった目に近い状態になってしまうことが原因です。どのような生活習慣が老眼の症状を引き起こすのでしょうか?老眼の4つの原因をまとめました。

加齢でピント調整機能が働かなくなっている

目には水晶体というレンズがあります。これは遠くを見たり近くを見たりするときにピントをあわせる機能をもっています。このピント調整機能が、加齢によってうまく働かなくなるということがあります。


目の使いすぎで水晶体の機能が低下している

まだ若いのに近くのがよく見えない場合は、スマホやパソコンの使いすぎを疑いましょう。

スマホやパソコンを使いすぎると、目がひどく疲労して、水晶体の機能が万全に働かなくなり、老眼と同じ症状になることがあります。


加齢+目の酷使は早い段階で老眼に

加齢と目の酷使が同時に併発しているような場合には、とくに早い段階で老眼になりやすくなります。


紫外線の影響で活性酸素が増えている

紫外線は目の機能を衰えさせる活性酸素の発生を促します。活性酸素は身体の錆びの原因でもあり、目だけでなく身体全体に老化をもたらします。

これによって水晶体の機能が通常よりも早く衰え、老眼になってしまうということがあります。


老眼の4つの対策(解決方法)

老眼の対策方法
パソコン疲れや、紫外線での活性酸素が増加することで、若くても老化した目に近い状態になってしまいます。だからと言って、パソコン作業を減らしたり、家から出ないわけにもいきません。どうすればいいのでしょうか?

次からは、老眼の4つの対策方法をまとめました。若い方の老眼防止だけでなく、年をとった方でも老眼対策を行うことで、目のコンディションを良くすることが可能なのでぜひチェックしてみてくださいね。


毛様体筋をアップさせる

水晶体の機能不全によって老眼が発生することはすでにお話しました。そしてこの水晶体をうまく機能させるのが、毛様体筋というものです。

たとえば目のマッサージをしたり、ストレッチをすることによって、この毛様体筋をアップさせることができます。軽い目の筋肉トレーニングのようなものです。目をぐるぐる一周させるなど、意識的に行うことによって効果を得ることができます。


しっかりとした目にいい栄養を摂取する

老眼にいい食べ物
水晶体の機能回復や、目の疲れをとるためには、カシスやルテイン、ブルーベリーといった栄養素がいいです。さらに身近な食べ物だと、ニンジンが目にいいことで有名ですね。

こういった栄養素をなるべく摂取するようにすることも効果があります。


目を使いすぎないようにする

目を酷使すると、老眼の悪化につながります。なのでスマホやパソコンを使う時間を制限するなど、なるべく目を酷使しないようにする工夫が大事になってきます。

目のエクササイズをすることによっても、目の疲れをとることはできます。また湯船に使ったときに、軽く目を温めるなど、冷やすよりも温めて血行をよくすることによって、目の疲れを癒すことができます。

最近ではスマホ老眼という類の症状も出てきています。これは年齢関係なく、子供でもなる老眼です。

そういった子供はスマホゲームなど日常的に目が疲れやすいことを行っている傾向があります。こういった場合も、そのような目が疲れることを回避することによって、徐々に症状の回復を見込むことができます。


老眼鏡や老眼用のコンタクトレンズを使用する

老眼鏡も今ではおしゃれなものが多く出ています。また老眼用のコンタクトレンズも出ています。こういったものを使用していけば、問題なく日常生活を送ることができるでしょう。

老眼鏡は、とくに自分の目との相性というのが大事になってきます。なので適当につくっておけばいいというものではありません。

なのでまずは眼科専門医に自分の目の症状に照らして、最適な眼鏡の処方箋をつくってもらいましょう。そしてそれをもって眼鏡店にいくというプロセスが大事になります。

遠近両用眼鏡がおすすめです。遠近両用眼鏡は、近くを見やすいレンズと、遠くを見やすいレンズがふたつ組み込まれています。そのためレンズの上側を使うと遠くが、逆に下側を使うと近くが見えやすかったりします。慣れるにも時間がかかるものです。


老眼対策サプリのおすすめの選び方

目にいい栄養素で有名なのは、ルテイン、カシス、ブルーベリーなどのベリー系といったものです。身近な食べ物では、ニンジンに含まれているβ-カロテンが目にいい成分として有名です。

ブルーベリーは、視界の情報を神経に伝えやすくしてくれる水晶体サポート効果がある成分です。β-カロテン毛様体筋の疲労を和らげてくれるため、水晶体をサポートするベリー系とセットで摂りたい成分です。

ルテインは紫外線などの有害な光から目を守ってくれる成分です。紫外線は老眼の原因でも述べたように目の老化を早める活性酸素を作り出すため、紫外線を抑えることで目の老化を防止することができます。

目にいいことで有名な成分が、老眼に対してどのように効果があるのかをまとめると、以下のようになります。

目にいいことで有名な成分 老眼への効果
ブルーベリーなどのベリー系視界の情報を神経に伝え、水晶体をサポートする
β-カロテン毛様体筋の疲労を和らげて、ピントを合わせやすくする
ルテイン紫外線をカットし、活性酸素の発生を防ぐ

目にいいと言われる成分でも、それぞれ得意分野があるため、老眼予防・回復の場合は、これらの成分を幅広くカバーしたサプリメントを選びましょう。

また、近年ではブルーベリーよりも目への効果が高い成分として、ビルベリーとマキベリーが注目を集めています。

特にマキベリーは活性酸素の発生を抑える抗酸化成分に優れています。目の老化を防止してくれるため、老眼防止のためにベリー系サプリを選ぶのであれば、マキベリーを使用しているサプリメントがおすすめです。

目にいい成分を幅広くカバーして、老眼を予防するサプリメントの成績表はこちら



老眼の原因と対策まとめ

このように、若いうちでも目を酷使すると水晶体や毛様体筋の機能が弱まり、老眼に近い状態になることが分かります。なるべく普段から目に負担がかかるようなことは避けることが大切です。

逆に、年をとっても目の運動をしたり、老眼に効果のある成分を摂ることである程度対策をとることも可能です。

老眼になったら、あまり無理をせず早めに眼科専門医を受診しましょう。遠近両用眼鏡は便利ですが慣れるまでに時間がかかります。

老眼回復にいいサプリも一目でわかる!人気サプリを「成績表」でチェック!

人気30種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ