トップページ >  目の基礎知識 >  目の奥が痛い原因と対策

目の奥が痛い原因と対策まとめと眼にいいサプリの選び方

目の奥が痛い原因と対策
目の奥の痛みには、三叉神経というものが関係しています。三叉神経というのは顔についての熱さや冷たさや痛みなどをつかさどる神経です。

とくに目の周りにはこの三叉神経が集中しています。そのため、目の奥の痛みなどは比較的に感じやすいわけです。

そのため、目の奥が痛いと一口に言っても神経の疲れから病気の前兆までさまざまな原因が考えられます。今回は、目の奥が痛い原因と対策、予防方法をまとめました。


目の奥が痛い4つの原因

目の奥が痛む4つの原因をまとめました。自分の症状はどれに当てはまるのか確認してみてくださいね。

眼精疲労やドライアイの症状

パソコンやスマホを長時間使用したことなどの眼精疲労の症状として、目の奥の痛みが発生することがあります。

とくにドライアイなどの症状としても、こういった目の奥の痛みが発生することもあります。

疲れ目という状態は、目の周りの筋肉が疲れている状態でもあります。とくに読書やパソコンなど一点を集中して見ていて、長時間眼球を動かすことがないような場合には、こういった筋肉疲労が起きやすいです。

ドライアイのような場合には、涙で異物を外に出すという機能がうまく働きません。それによって異物が目に入ってきて、目の奥で炎症を起こし、痛みを発生させてしまうようなケースがあります。


斜視で片目に負担がかかっている

たまに片目だけ目の奥が痛いという症例ももあります。これは斜視であるような場合に多い症状です。ピントを合わせるために、片方の目に筋肉疲労が起こってしまうというものです。

ふつうはずきずきとした痛みを感じることが多いのですが、まれにちくちくと針で刺すような痛みを目の奥に感じることがあります。これは目の奥に異物が入り込んでいるような場合です。こういった場合には、目の奥で炎症を引き起こすリスクもあります。


緑内障・くも膜下出血の前兆

急性の緑内障であるような場合には、目の奥の痛みや頭痛などが併発して起こる傾向があります。放っておくと失明のリスクもあります。

とくに目の奥の痛みが強いような場合には、くも膜下出血のリスクがあります。

目の奥の痛みにともなって、物が二重に見えてしまったり、まぶたが下がってくるようなときにはとくに注意が必要です。


群発性頭痛と副鼻腔炎(蓄膿症)

群発性頭痛の痛みの場合、かなり痛みを感じる箇所が低く、目の奥のほうに痛みを感じるという人が多いです。

群発性頭痛は、目の奥の血管が膨張することによって痛みが発生するため、目の奥に痛みを感じることが多いわけです。群発性頭痛は女性よりも男性が多く、一年のなかでも決まった時期からはじまるというケースもあります。

目を動かした際に目の奥に痛みを感じるということがあります。これは副鼻腔炎(蓄膿症)である可能性があります。

副鼻腔炎(蓄膿症)というのはなにかというと、目の下の空洞の部分に膿が溜まってしまって、これが異物となって痛みを生じるようなものです。この副鼻腔炎(蓄膿症)になると、頭や耳の痛みも併発する傾向があります。


目の奥が痛いことへの4つの対策(解決方法)

目の奥が痛いときの予防と対策
目の奥が痛いことへの4つの対策方法をまとめました。簡単に実践できるものもあるので、まずは試して見てくださいね。

暗い部屋で安静にしている

また光が遮断されることで網膜が休まり遠近調節をしなくていいので毛様体筋を休めることができます。

目の疲れや体が疲れていることが原因で目の奥の痛みが発生していることも多いです。
こういった場合には、なるべく明かりを落とした部屋で安静にしていることが大事になります。軽めの目の奥の痛みであれば、座って安静にしているだけでも回復することがあります。


目を冷やしたり、マッサージをしたりする

痛みがひどいときには、目を冷やすことによってよくなるということがあります。じっくり冷やして様子をみるのも効果的です。

目の周辺にはツボが多いです。目の周りを中心にツボを押し込むようにやさしくマッサージをしてあげると、痛みが引いていくということも多いです。


鎮痛剤や点眼薬を使用する

鎮痛剤を飲むことによっても効果を見込むことができます。処方薬ですがトリプタンの鎮痛剤は効果が高いです。そのため痛みがひどいときはクリニックで処方してもらうのがおすすめです。

ビタミン配合の点眼薬が処方されることもあります。こういったものも目の奥の痛みには効果があります。

点眼薬の場合には、ドライアイの方にも効果があります。ドライアイですと、異物が目に侵入しやすく、それを外に出す涙が十分に分泌されていません。なので点眼薬でこういった機能を補うことができます。


症状が治まらない場合は早めに病院へ

安静にしたり鎮痛剤を飲んでも改善しない場合は、早めに病院へ行って検査してもらいましょう。目の病気は、早期治療が大切です。


目の奥の痛みを予防するブルーベリーサプリの選び方

目の奥が痛みを予防するサプリ
眼精疲労やドライアイからくる痛みの場合は、サプリによる予防が可能です。

眼精疲労から目の奥が痛む場合は、目の周りの筋肉が疲れてしまっていることが考えられるため、目の筋肉を和らげるβ-カロテン、マキベリーが入ったサプリがおすすめです。

ドライアイ目の乾燥が原因なので、目の水分の蒸発を防ぐDHA・EPAの成分が入っているものを選ぶといいでしょう。DHA・EPAは目の血流をよくすることで、目の水分の生成の手助けもしてくれます。

また、目への負担を減らし、眼精疲労を予防する成分として、紫外線などの有害な光から目を守ってくれる成分を摂るのもいいでしょう。とくにルテイン、アスタキサンチンという成分は目を守ってくれるだけでなく、目の奥の痛みや頭痛にも効果を示します。

紫外線を予防し、目の奥の痛みを予防するサプリメントの成績表はこちら



目の奥が痛い原因と対策まとめ

このように、目の奥の痛みについてはいろいろな原因があります。
目の奥の痛みは単なる疲労によるものから、重い病気によるものなどさまざまです。なるべく痛みが発生しないよう、普段から目を労って予防するようにしましょう。

痛みが続く場合は自分で判断することはリスクにもつながるので、早めに医師の判断を仰ぐようにしましょう。

もっとスコアの高いのは何?一目でわかる「成績表」でチェック!

人気20種類の中で、ベスト1の「ブルーベリーサプリ」はコレでした!一目でわかる成績表はこちら




ブルーベリーサプリを成分評価!

多くのブルーベリーサプリを成分解析しました!

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ