更新日:2018/05/12

ブルーベリーに含まれるアントシアニンはこんなにいい!


目にいいといわれるブルーベリー。 おいしく食べやすいことから積極的に食べている人も多く、サプリメントも充実していますね。 ブルーベリーの特徴はなんといっても「アントシアニン」が豊富なところです。 アントシアニンは、さまざまな効果が期待できることから注目されている成分です。 その代表的な効用についてご紹介しましょう。

まず、1つめは眼精疲労の改善。 視覚に大きく関わっているといわれる「ロドプシン」というたんぱく質は、目が光を認識するたびに壊れ、再合成されるのですが、 目を酷使したり、目を使い続けることで再合成がうまくいかず、目が疲れやすくなります。 アントシアニンには、このロドプシンの再合成を助ける効果があることから、眼精疲労を改善できるというわけです。

2つめは、高い抗酸化力。 活性酸素の生成を抑制し、細胞の酸化を防ぐことで、老化やがん細胞の誘発を予防してくれます。 また、目に関しては、老化によって発症率が高まる「白内障」を予防することも知られています。 紫外線などのダメージから水晶体をも守り、酸化を防ぐことで、白内障の発症をかなり抑えられるという実験結果も発表されています。

3つめは、メタボリックシンドロームの予防。 内臓脂肪の蓄積を抑える効果でメタボを予防し、さらに血圧の上昇を抑えて、動脈硬化の予防も期待できます。

4つめは、毛細血管の活性化。 毛細血管を保護し、強くしてくれるので血流がよくなり、栄養をしっかりと体の隅々まで届けられます。 このようにアントシアニンは、目だけではなく、体全体の健康にもとてもよい成分だということがわかります。



アントシアニン以外の目に優しい成分はどんなもの?


目の疲れというものは現代人のライフスタイルにとってはとても大きな症状になってきました。
パソコンやスマホの普及もありそれで目に良いサプリメントを利用する人も多くなってきています。
目に良いサプリメントの成分としてはまずアントシアニンが有名ですが、これ以外にも様々な目に良い成分が存在します。

アントシアニンは主にブルーベリーに入っているのですが、これと双璧をなす成分としては人参に配合されているβカロテンがあります。
このβカロテンは抗酸化作用があるために老化などから来る目の疲れに対しても効果的なものとなっています。

また最近有名になってきた目に良い成分としてはルテインが存在します。

ルテインは主にケールなどに存在していますが、こちらは網膜に存在するカロテノイドという色素となっており、これが減少すると目の病気として黄班変性症や白内障などに掛かりやすいと言われています。

さらに直接的な効果ではないのですが、DHAやEPAの成分は血液サラサラ効果があるので、これによって目の毛細血管などの健康を改善することができるので、こちらも目にいい成分として人気になってきています。

このように目に優しい成分は様々なものが存在するので、バランスよく摂取するのが望ましいです。

当サイトでは、アントシアニンだけではなく、以上ようなサポート成分も含めてブルーベリーサプリを評価しています。


ブルーベリーに含まれるルテインの疲れ目解消効果


疲れ目をサポートしてくれる「ルテイン」の効果や効能についてご紹介します。

まずルテインとは、カロチノイドという強い抗酸化作用を持つ植物の色素成分の1種です。
このルテインがよく含まれる植物としては、最も多く含まれるのがケール、次にチリメンキャベツ、ホウレンソウといった緑黄色野菜や、ブルーベリーやカシスといったフルーツです。
このルテインは、体内では合成することの出来ない成分であるため、外部から摂取する必要があります。

ルテインの主な働きは、目から入ってくる強力な光から網膜を保護したり治癒したりする働きがあります。
外から目に入ってくる光としては、紫外線をはじめ、スマートフォンやパソコン、テレビが発するブルーライトがあります。
これらの光線は非常に強力な光であるため、長時間浴びてしまうと目の網膜に大きなダメージを与えてしまいます。

ブルーライトから目を保護するレンズなどもありますが、ルテインはその働きをする天然の成分なのです。
更にルテインには眼の奥にある水晶体の機能を正常化する働きもあるため、ルテインは眼精疲労や視力低下などの目にまつわるトラブルを解消してくれる成分なのです。


ブルーベリーに含まれるポリフェノールも目の健康にいい


ブルーベリーには、アントシアニンが配合されており、これがかなり効果的とされていますが、それだけが目に効果的なわけではありません。

ブルーベリーに含まれている栄養分としては、ポリフェノールも含まれています。
ポリフェノールの効果は、種類によって大きく異なっていますが、ブルーベリーに入っているものについては目に効果的で、血管に対して老化をさせないようにして、目の健康を維持できるようにしています。

更に、抗酸化作用も期待できるため、目以外の部分にも効果を持っているのですが、一番は目に対して抗酸化が発揮されることとなり、余計な病気を引き起こさないようにしているのです。
ブルーベリーに含まれているアントシアニンと合わせて、効果を発揮してくれるところもメリットになります。

様々な効果を持っているブルーベリーですが、目の健康に良い成分は1つだけではありません。
2つ以上の成分が効果を発揮してくれることによって、健康はしっかりと保たれることになります。
ポリフェノールの効果によって、アントシアニンだけではできない健康部分の改善も期待できますし、抗酸化作用で目の状態を保ち続けることができます。

ブルーベリー・マキベリー・ビルベリーの違い


サプリメントに利用されているブルーベリーですが、実は色々な違いがあり、利用するものによって効果が変わってきます。

一般的に食べることのあるブルーベリーは、さっぱりした味わいを持っている反面、サプリメントには活用しづらいところがあります。アントシアニンが不足しており、大量に利用しても効果を与えられるエキスを作ることが難しいのです。

マキベリーは、ブルーベリーと似たようなものですが、効果は全く異なっています。
抽出したエキスや粉末から手に入れることができる効果は、抗酸化作用や美容効果が多くなっていて、目に効果のある成分はあまり配合されていないのです。
マキベリーはスーパーフードとして販売されていることが多い素材となっていて、目のサプリメントに利用されていることは殆どありません。

最後にビルベリーですが、アントシアニンが非常に豊富に配合されているブルーベリーのことで、潰すと色がすごく出てくることで知られています。
アントシアニンの量が多いために、色づきが非常に良くなっており、これが目の疲れなどを防いでくれる効果を持っています。
現在販売されているブルーベリーサプリメントは、大半がビルベリーを利用して作られているものです。

ブルーベリーサプリのコスパは、アントシアニン含有量で決まります!

目にいいということで有名なフルーツ、ブルーベリー。
視力低下や眼精疲労対策で積極的に食べている人も多く、サプリメントも充実していますね。
ブルーベリーが目に効果的な理由は、「アントシアニン」という成分にあります。

ブルーベリーサプリを目の健康のために選ぶなら、「アントシアニン量」と「サポート成分」を見極めましょう。

ブルーベリーサプリに含まれる「アントシアニン量」は、ブルーベリーエキスの種類や量によって推定できます。 また、目を健康にするサポート成分は「5種類」の効能に分けられます。

配合成分が何の効能かわかれば、ブルーベリーサプリの実力がわかります。このサイトでは、多くのブルーベリーサプリを成分評価しています。



人気のブルーベリーサプリを7項目で徹底評価しました

このサイトでは、「アントシアニンの配合量」、と「サポート成分」の5つの効能カバーを重視して、ブルーベリーサプリを成分評価しています。上の比較表のように、ブルーベリーサプリの全成分を効能で分類して採点しています。

ブルーベリーサプリを選ぶポイント
1日分の『アントシアニン含有量』が多い
目の健康にいい『サポート成分』をバランスよく配合している
(神経伝達、疲労回復、紫外線防止、血流改善、老化防止の5つの効能成分が含まれているか)
1ヶ月あたりの『価格』がお手頃だと続けやすい

人気のブルーベリーサプリを、『アントシアニン含有量』『神経伝達、疲労回復、紫外線防止、血流改善、老化防止の5つの効能成分が含まれているか』『価格』の7項目で評価しました!

アントシアニン量 神経伝達 目の疲労回復 紫外線防止 目の血流改善 目の老化防止 価格
成分の総評


アスタブライト

83mg
4908円



めなり

62mg
3980円

北の国から届いたブルーベリー

72mg
2100円

わかさ生活 ブルーベリーアイ

36mg
1680円

えがおのブルーベリー

45mg
1680円

アントシアニン量 神経伝達 目の疲労回復 紫外線防止 目の血流改善 目の老化防止 価格
成分の総評

【小林製薬】ブルーベリー

50mg
1470円

ブルーベリー&ルテイン

35~43mg
1575円

サントリー 自然のちから ブルーベリー

43mg
5040円

健康家族 ブルーベリー

36mg
1440円

クロセチンアイ

10mg~15mg
5040円

アントシアニン量 神経伝達 目の疲労回復 紫外線防止 目の血流改善 目の老化防止 価格
成分の総評

ブルーベリー・メグスリノキ

58mg
1800円

ブルーベリーエキス

36mg
1680円
スマホの場合、表が右(→)にスライドできます

比較表の見方

比較表では、ブルーベリーサプリに含まれている成分のうち、アントシアニン、目を健康にする成分(5つ)、のどれをどのくらいカバーしているかをチェックしています。

アントシアニン含有量(1日分)
ブルベリーサプリの中の、ブルーベリーエキス(またはビルベリーエキスなど)に含まれるアントシアニン量を記載しています。※アントシアニン量が不明なものは、ビルベリーエキスの種類と産地を元に、アントシアニン含有率から平均量を推定して計算しています。

神経伝達成分
ブルベリーサプリの中に、見た光を神経の信号に変換する能力をサポートする成分が含まれているかどうかを記載しています。

目の疲労回復成分
ブルベリーサプリの中に、目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分が含まれているかどうかを記載しています。

紫外線防止成分
ブルベリーサプリの中に、紫外線などの有害な光からケアをしてくれる成分が含まれているかどうかを記載しています。

目の血流改善成分
ブルベリーサプリの中に、目の血流を良くしてくれる成分が含まれているかどうかを記載しています。

目の老化防止成分
ブルベリーサプリの中に、目の老化を防いでくれる成分が含まれているかどうかを記載しています。

価格(1ヶ月)
通常購入1ヶ月分の価格を記載しています。(価格は2013年時点のものですので、動く場合はあります)


採点方法は次のとおりです。

合計点数 = 「アントシアニン含有量」+「目を健康にするサポート成分」

「アントシアニン含有量」の採点法
= 3点
= 2点
= 1点
(サプリのブルーベリー成分内のアントシアニン含有量の多さを、3~1点で加点(3点満点))

「目を健康にするサポート成分」の採点法
= 1点
= 0点
(見た光を神経に伝える成分、目の周りの筋肉の疲労を和らげる成分、紫外線などの有害な光からケアする成分、目の血流を良くする成分、目の老化防止する成分の各5つの効能成分につき、それぞれ0~1点の合計1点満点)

ブルーベリーのアントシアニン量

ブルーベリーサプリの効果

目の基礎知識

目にいい成分の効果と副作用

めなりを体験!

人気のめなりを徹底検証!実際に飲んでみたレポートを紹介します。

レポートはコチラ